一人医師医療法人について教えてください。

Q.私は歯科クリニックを経営しています。私はクリニック唯一の常勤医師です。節税面での効果を聞き、クリニックの医療法人化を検討しました。ですが、私のクリニックのような、常勤医師が1人しかいないような小さなクリニックは医療法人化できないですよね?

<解答>
経営規模の大小は、医療法人格を有する上で関係ありません。

正しい対応
 医療法人化する上で、診療所の経営規模は問われません。実際の医療法人は、1人または2人の医師が常勤する「一人医師医療法人」がほとんどです。医療法人化のメリットがあるならば、ぜひ一度検討しましょう。

[税法等の解説]
一人医師医療法人
 「一人医師医療法人」は常勤医師数が3人未満の医療法人を指します。昭和60年の医療法改正で医療法人の一つとして認められるようになりました。(なお、改正前の医療法人は常勤医師数が3人以上の診療所と病院を指していました)「一人医師医療法人」は一般的な医療法人と同様に設立と運営の方法や、権利義務関係が定められています。

一人医師医療法人の特徴
 一人医師医療法人はフルタイムで勤務する医師・歯科医師数が2人以下です。

税理士からのPOINT!
一人医師医療法人にはメリットもデメリットもあります。診療所の社会的信頼の向上に効果があることや、子供への事業承継をより有利に進められる点がメリットとして挙げられる一方、デメリットとして損金に交際費として参入できる額に限度がある点があります。医療法人化を考える際は、判断材料として自分の診療所の経営状況だけでなく、これらのメリット・デメリットも考慮すると良いでしょう。個人診療所と一人医師医療法人とで税額面で比較を行うことも大切となります。また、税理士への相談も大変有効です。